米国ETFの積立状況(2019年9月)。

もうすぐ9月が終わりますが、米国株の急落はなかった。相変わらず高い。トランプ大統領の対中姿勢が軟化することもなく、でもドル円は落ち着いてきたし、金は相変わらずの高値だし、債権は上昇後に落ち着いた水準に戻ってきた。

ということで、全体的には、ETFの積立方針は8月から変更はない。TMFは買い戻しをし、GLDは維持した。DRNは利確のため売却を進めている。

現在のETFの保有状況は以下のとおり。SPXL、GLD、TMFを均等にすることが当面の目標。

株式市場のせいではなく、iPhoneが新機種発売開始ということで、手元資金をそちらに注入したため、ETFへの追加投資はほとんとできなかった。

DRNの売却後はTMFを増やすつもり。

10月までは、こんな感じと思うが、SPXLとTMFの配分は最小分散ポートフォリオとしてリバランスする方向で考えるつもり。

投資
スポンサーリンク
ごくろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました