投資をした記録の(できるだけ)自動化計画

この記事は約5分で読めます。

日本株,米国株,ベトナム株を少額取引して楽しんでいるわけだが,記録をつけてちゃんと反省するところは反省し,自分の良いところは伸ばしていきたいと思っている。

そのためには,現状のポートフォリオの正確な把握と,取引履歴を集計する必要がある。

Twitterやブログで,先人たちがGoogleスプレッドシートを使って管理していることを知り,まずは,公開されているスプレッドシートを自分なりに編集して使おうとしていた。でも,Google Apps Script,通称GASを使ったほうが,圧倒的にいろいろなことができることを知り,日々勉強中である。

GASはJavascriptなので,プログラムを組んだことがない自分には,かなりハードルが高いが,そんなに複雑なことをしようとしているわけではないので,見よう見真似で半年ばかり続けていたら,なんとかやりたいことが少しずつできるようになってきた。

で,Pythonである。

なんといっても,Pythonである。これを使うと便利らしい。だども,系統立てて勉強するには,今は時間が取れない。でも,投資して資産を増やさねば。そのためには,データをちゃんと整理しなくては。との一念で,取っ掛かりもないまま,これもググっては試し,ググっては試しをしている。

ということで,できるだけ自動化計画のスタートである。

スポンサーリンク

まずは,証券会社の電子データを使おう

Googleスプレッドシートをベースにしたポートフォリオ管理ツールは,地道に更新している。自分では,SPTと呼んでいる。Stock Portfolio Tool,だったかと思う(よく覚えていない)。取引履歴を入力したら,自動的にポートフォリオを更新し,グラフ化もする。といったところ。

でも,取引履歴は,手入力であった。これは面倒。だから証券会社の電子データを使って自動入力できないかと考えた。でも,証券会社は,それぞれ電子データをダウンロードできるのだが,フォーマットが違う。

ということで,どんなふうに対応しようかという,方針案は以下の通り。

まだまだ,道の半ば。

というより,始めたばかり。これからである。

SMBC日興証券

取引履歴

取引履歴は,CSVファイルでダウンロードできる。よって,以下を試行錯誤中。

CSVファイルダウンロード → Googleスプレッドシートに読み込み → GASで自動的にSPTに統合

(2021/07/03追記)GASを使って,できるようになった。だいぶ楽。

入出金履歴

入出金履歴も取引履歴と同時にCSVファイルでダウンロードできる。よって,取引履歴と一括で処理することを試行中

(2021/07/03追記)これも,GASを使ってできるようになった。

配当履歴

未着手。

配当金の履歴は,取引履歴にも含まれているが,1株あたりの配当金の情報は含まれていない。

1株あたりの配当金については,別のメニューで発見した。いずれ対応できそう。

SBIネオモバイル証券

取引履歴

この証券会社は,PDFでの電子書面しかない。よって,以下を試行錯誤中。

ウェブサイトでの取引履歴のウェブページ → Pythonを使ってCSVデータにしてダウンロード → GASで自動的にSPTに統合

(2021/07/03追記)なんとか,Pythonを使って,グーグル先生に教わって,できるようになった。

入出金履歴

未着手。

これも,ウェブサイトのページをPythonを使って読み出すしかなさそう。取引履歴と同様にすれば,データ取得できそう。

配当履歴

未着手。

データの在処を探索中。

SBI証券(米国株)

取引履歴

(2021/07/04追記)GASを使ってできるようになった。

取引履歴を,CSVファイルでダウンロードして,GASで処理するようにした。

CSVファイルのダウンロード → Googleスプレッドシートに読み込み → GASでSPTに統合

入出金履歴

(2021/07/04追記)これも,GASでできるはず。

入出金履歴は,取引履歴とは別途になるが,CSVファイルでダウンロードできる。

でも,未着手。

配当履歴

(2021/07/04追記)配当履歴のデータの入手方法は未確認。

Firstrade証券

取引履歴

取引履歴は,CSVファイルでダウンロードできる。よって,以下を試行中。

CSVファイルのダウンロード → Googleスプレッドシートに読み込み → GASでSPTに統合

(2021/07/03追記)GASを使ってできるようになった。

入出金履歴

入出金履歴も取引履歴と一緒にCSVファイルでダウンロードできる。よって,取引履歴と同時にSPTに取り込み。

(2021/07/03追記)これも,GASでできるようになった。

配当履歴

配当履歴も,取引履歴と一緒にCSVファイルでダウンロードできる。ただし,1株あたりの配当金は情報を別でとってくる必要がある。今は処理が重くて,配当については処理を休止中である。

更新記録

GASを使って,省力化を少しずつ進めている。Pythonは勉強中。

(2021/07/03)

  • SBIネオモバイル証券の取引履歴をPythonを用いてCSVファイル化することに成功。
  • さらに,GASを用いてマスターファイルに統合することに成功。

(2021/07/04)

  • SBI証券でも米国株を取引しており,同様に検討。
  • SBI証券のアカウントページから取引履歴のCSVファイルをダウンロードし,GASを用いてマスターファイルに統合することに成功。

(2021/07/08)

  • SBIネオモバイル証券の取引履歴のCSVファイル化は,VPS上でPythonを走らせていたが,iMacで動作することを確認できたので,ローカル環境で定期的に取得することに変更。
  • PythonでChromeでのウェブページを操作するのだが,iMacのChromeでは当初動かなかった。
  • どうも,Chromeのメモリ消費が大きいため注意が必要である様子。
  • VPS上のPythonでのCSV化は,バックアップとして動作できる環境は維持。

コメント

タイトルとURLをコピーしました