住信SBIネット銀行での米ドル積立は為替レートを考慮した積立が可能だ。

米国株やETFの直接買い付けのためには、米ドルが必要になる。

もちろん、株やETFを購入するときに、日本円で購入することもできる。でも、一般的に証券会社の為替コストは安くない。コツコツ積立するような、長期で増やしていくような場合は、チリツモ、になる。比較的実質手数料が少ないと思っているSBI証券の場合は、

為替手数料は為替スプレッドに含まれています。為替スプレッド以外の手数料はありません。

で、米ドルの為替スプレッドは、±0.25円程度。

これに対して、住信SBIネット銀行は、1米ドルあたり2銭。10分の1以下。うれしいことに、住信SBIネット銀行の米ドルは、手数料なしでSBI証券に入金できる。もっといえば、SBI証券の米ドルは住信SBIネット銀行に出金も手数料なしだ。

ということで、米ドルはコツコツ住信SBIネット銀行で積み立てよう。

しかも、為替レートの上限値を決めれば、それ以上に円安ドル高になったときは、積立をしないように設定できる。これで米ドルの購入為替レートをコントロールできる。毎日積立もできるから、コツコツ、コツコツ、できる。

連休中のイベントで、為替レートの変動が大きくなるかもしれない。もし円高になったら、買い増しする。なんてこともできる。ん?連休中は積立できないのかな?ウェブサイトには10連休中も取引休止のアナウンスはなく、土日以外は通常と同じで積立ができるようだが、いかに??

2019/05/01追記:連休中も普通に米ドルを積立できている。日本国内の外為市場は取引がないが、海外の市場は開いているから、当然かもしれないが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました