暗号通貨の管理は税金対応じゃなくても、Cryptactがいいかもしれない。

あいかわらず、暗号通貨の管理をどうしたらよいのか試行錯誤しているのだが、税金の対応に使えるサイトがあった。

暗号通貨で得た利益は、雑所得として課税されると国税庁が決めたとのことなので、毎年年明けに確定申告しなくちゃいけない税額を年末に算出する必要がある。ま、いずれ。今はまだまだ。一応試算したけど、ほとんど儲かっていなかった。。。。

Crypcactは各取引所のデータファイルを直接読み込めるので楽チンだ。すくなくとも、自分が取引で使い始めた以下の取引所は対応してた。

  • CoinCheck
  • bitbank
  • bitFlyer
  • Zaif
  • Binance

SpectroCoinは未対応。$BNKもまだICO中なので未対応。でも個別に読み込めるフォーマットにしてデータ化できる。

これで、各通貨の平均取得額が出てくるので、いくらぐらいで売ればとんとんになるか分かりやすくなった。

$BTC、$XRP、$NEO、$BNB、$POWR、$TRX、$BNK、$BNB、$IOST、$GAS、$XEM、と気がつくと手を広げていて、取引したときのレートなんて覚えきれなくなったので助かる。

問題は、一度読み込んだデータを削除することができないこと。$BNKのデータ入力にミスがあったのでやり直しをしようとしたがだめだった。全削除して最初からやり直しになるのは何とかしてほしい。せめて取引所ごとのデータ削除ができると助かる。

んー。でも、最低限でいいから、Coinboardがもう少し機能アップするとできちゃうかも。あと、各取引所からダウンロードできるファイルが、含まれる項目とか、フォーマットとか、統一してくれるともっと簡単になるかも。

ということに時間を費やした一日でした。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする