携帯電話の契約を見直して、IIJmioの1回線を解約した。

予備回線にしていたIIJmioの1回線を解約。

スポンサーリンク

回線A

主回線2つのうちの一つ。

電話番号を変えたくない。また、安定した回線が良い。

キャリアはau。そのまま維持。

使用機種は、iPhone 11 Pro。料金プランは、auピタットプランN、2年契約N、通話定額ライト(1回5分の通話かけ放題)。

回線B

この回線も主回線。電話番号の維持と、安定したキャリアを選択。

回線Bのキャリアは、au → NifMO → au、と移行した。

使用機種は、ガラホ(KYF37)。

料金プランは2年契約N、で、ガラホ用のケータイシンプルプラン(通話定額なし)。

回線C・D

この2回線は解約済み。

回線F

この回線は、IIJmio。現在、最も使用頻度が高い。

使用機種は、auで購入したiPhone XR。

ミニマムスタートプラン(3GB)としていたが、12月からファミリープラン(12GB)に変更。

回線G

IIJmioの回線。今回解約。nano SIMを抜いて、IIJmioに返却。

回線H・I

楽天モバイルの2回線。

うち、1回線(H)を、nano SIMからeSIMに変更した。回線Bで使用しているiPhone XRで利用する。

楽天モバイルでのSIM変更手続きは、とても簡単。ウェブで変更申請をして、すぐにQRコードが表示され、iPhoneで読み込ませるだけ。

SIM発行手数料、SIM変更手数料は2020年11月から無料とのこと。

これから。。。

ということで、楽天モバイルの使い勝手が、すこぶる悪いのだが、エリア拡大を待つしかない。

引き続き、ぼちぼち考えることにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました