Baïkalを0.5.3にアップグレードした。

この記事は約2分で読めます。

PHP7.2に対応させたが、0.4.6から更新できていなかったBaikalだが、久々にGithubを見ると、0.5.3がリリースされていた。0.5.0は正式にはリリースされておらず、0.5.1から正式にPHP7.2に対応したようだ。0.5.3はFront Pageが新しくなったとか、いまひとつどこが新しくなったか分からないが、最新にしとこうと思って、手順に従って0.4.6から0.5.3にアップグレードしてみた。

Baikalのウェブサイトにアップグレードの手順が示されていた

To upgrade from Baïkal to 0.4.X, follow the following steps:

    1.Make a backup of your MySQL or SQLite database. This step is really important!
    2,Make a backup of the baikal directory on your server, by creating a copy.
    3.Grab the latest Baikal 0.4.X zip file from github.
    4.Upload the contents of the zip file to the server, but make sure you do not overwrite the Specific directory. Everything else may be overwritten.
    5.Open the administration panel on the server. Usually this is something like http://dav.example.org/baikal/html/admin/.
    6.Follow the steps in the administration panel.

この手順は、0.4.Xにアップグレードする手順だが、0.5.Xへのアップグレードも同じ。

つまり、

  1. データベースとディレクトリのバックアップを取る。
  2. Githubから、最新のファイルを取ってくる。
  3. Specificディレクトリ以外のファイルを上書きする。
  4. adminページにアクセスして、手順に従う。実際はクリックするだけ。

と、いうことで、無事0.5.3に更新できました。

新しくなったFront Pageはこんな感じ。

コメント

  1. gokuraku より:

    Release 0.6.1 · sabre-io/Baikal · GitHub

    baikalが、更新されていることを発見。
    時間ができたら調べてみるつもり。

タイトルとURLをコピーしました