wallabagの日本語ファイルを作成しようと思ったけど、wablateを見つけて一時中断

wallabagはデフォルトでは、日本語化されていない。

つまり、日本語の言語ファイルを作る必要がある。

で、英語のファイルを参考に、こつこつ翻訳してみた。

ところが、wallabag本体はどんどんバージョンアップされて、日本語ファイルの更新が間に合わず、ところどころが英語のままになってしまっている状態だった。

それでも、自作の日本語化ファイルをGithubにアップしようかと思って、いろいろ調べていたところ、、、、つまり自分はまだGithubの使い方がわかっていない。ソフトウェア開発者でもないし。

で、wallabagのサポートフォーラムを検索していたら、こんなQAを見つけた。

なんてタイムリーな。

ふむふむ、簡単に翻訳ファイルを作ることができるツールがあるのか。。。

で見つけたのが、weblateだった。

なんと、wallabagの日本語ファイルもアップされている(正確には、weblateのサイト上で作成されている?)ではないか。

早速ダウンロードして、VPSのサーバにアップした。

すると、ところどころ日本語に翻訳できずにいた英語部分までも、見事に日本語化されているではないか。少し変な日本語訳のところもあるが、概ねええんちゃう。

ということで、自作の日本語化はとりあえずやんなくてもいい状況になりました。

いまのところ、weblateの使い方がわからず、翻訳ファイルの作成のお手伝いはできていないが、いずれは貢献したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする